So-net無料ブログ作成
検索選択

【アトピーと炎症】炎症誘導物質TNF-αを抑える食品は…!? [食材]

この悩ましい炎症には、TNF-αという炎症誘導物質が絡んでいる…。
それが明確に分かってきてからというもの、一時期TNFに関する事ばかりリサーチしていた。
しかし以前述べた様に、比較的新しい内容なのか膨大なネットの海をサーフィンしても、参考になる記事や資料は残念ながらあまり出て来なかった。

一部の野菜や果物にTNF誘導能があり、炎症を改善していく過程では避けるべきで、その対象は凡そ分かった。

それでは、やるべき事は対象の食物を控える事だけなのか?
逆に、TNFを抑える効能を持った食品はないのか…?

そういう目的でリサーチし、かろうじて出てきたのが以下の食品。
アレルギーに有効と言われる食材として、お馴染みのものが並ぶ。
有効と言われる所以に、例えTNFの存在を知らなくとも、炎症に有効だという部分が見出されていたという事もあるのだろう。

以下、見出した資料の読み比べによる推定ではあるが、効果のある順に列挙し、メモを添えておくので参考にして頂ければと思う。

    TNFの抑制効果が見込まれる食品

1.シソ…実はしそよりもしその実の方が、TNF以外にも諸々における効果が
   高いらしい。しその実の漬物などは安く、割りと入手しやすい。
   しその風味と程よい酸味が食欲をそそる為、お奨め。

2.ショウガ…効力はシソより劣るが、食べ方次第で実際の可食量がシソより
   断然多くなる点がメリット。
   竹生姜の漬物などで利用すると、手軽にコンスタントに摂取を継続
   できる。

3.べにふうき茶…メチル化カテキンにより花粉症、アトピー等のアレルギー
       反応抑制効果があると言われるお茶。
        普通のお茶より少し高い。

4.緑茶…緑茶に含まれるカフェインには、TNF抑制効果があるらしい。
    抗アレルギー効果のあるカテキンも含む為、対アレルギーには
    魅力的だがカフェインはマグネシウムを消費する為、注意は必要。


参考:
食品医学研究所EvidenceShop HP
http://syouga.h-and-w.jp/index.php?e=18

医学雑談
http://www.mkb-clinic.jp/zatsudan/index.asp?patten_cd=12&page_no=98
http://www.mkb-clinic.jp/zatsudan/index.asp?patten_cd=12&page_no=166

三信堂ネイチャースマイル HP
http://www.naturesmile.com/items/2008/08/post.shtml
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ないもの見るより、あるもの見つけよう -アトピー治療の過程において- [雑感]

今までの記事にて、痒みや炎症を起こす物質を含んだ食品を紹介してきた。
状態に合わせて対象の食品を避けるようすると、それなりの不満やストレスを覚える人もいるかもしれない。

注意すべき食品が、それなりに挙がってくるからだ。
それも、身近な食品において…。

「では一体、何を食べていけばいいの?」
「何が食べれるの?」
そう反発心を覚える方もいるかもしれない。
或いは不安を抱えたり、暗澹たる気持ちになる人もいるかもしれない。

アトピーやアレルギーさえなければ―。
こういう思いが、時に頭をよぎる人も中にはいるだろう。

しかし、モノは考えよう、捉えよう。
観点一つで感じ方は、ガラッと変わってきたりもするもの…。


不満を述べる前に、スーパーに行って食べれる食材を点検してみよう。
ないものを見ていくより、あるものを探して行こう。
注意すべき食品を除くともう、食べる物はないのだろうか?

いや、我々の周りにはたくさん、本当にたくさん色んな選択肢が存在している事に気付かないだろうか…?

そして「これが欲しい」などと範囲を狭めなければ、本当にいつでも食べる物は手に入れる事ができてしまうのだ…。

何と恵まれている事だろう。
今の世の中でも、世界には栄養失調で亡くなっていく人が絶えないというのに…。

あなたは、栄養失調で死にそうですか?

ないものを見るよりも、あるものを見つけよう…。
そういう方向で、普段から物事を捉えていきたいもの。

ないものを見だすと、キリがない。
「ある」ものを足掛かりに、一歩ずつ前向きで確かな歩みを進めて行こう…。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

【アトピーと炎症】ステロイドと炎症物質TNFの関係…恐るべき効力とリバウンドの理由は!? [機能関係]

TNF…炎症に絡むこの免疫細胞、というかサイトカインがさして知名度のない現時点では、この名称を出してもあまりピンと来ないかもしれない。
アトピーの人により身近に感じてもらう為に、ステロイドとの関係を説明していきたいと思う。

あのステロイドはこのTNFを99~100%抑制する効力を持つという。
それ故、炎症に関する効力は抜群な訳だ。

しかし、この99~100%という恐ろしく極端な数字が、逆にステロイドの負の側面を物語っている。
以前説明したように、TNFはがん細胞を壊死させる頼もしい免疫細胞。
増えすぎると炎症を誘発してしまう、火薬かガソリンのような引火性の危険な存在だが、有効に機能する分には実に頼もしい。
体には、なくてはならない存在なのだ。
故にこれがほぼ抑えられてしまうという事が、いかに不自然な状態かはお解かりだろう…。

ステロイドの怖いところに、「依存性」がある。
最初使用すると、すごく効く。
それで使い続けると、次第に効力が落ちてくる。
効力を維持する為に、より多い量を、より強力なものを使い続ける事になり、依存していく結果となる…。
使い続ける羽目になるだけなら、まだマシだろう。
問題は、この薬には副作用があるという点だ。
それなのに、効果を求めようとより強力なものを使い続けると、治す為に使っていた筈のステロイドが、逆に肌を蝕み始める…。

ステロイドは肌の状態やこの薬の利用状況に応じて、使い方を管理していかなければならない薬なのだ。
それ故、この薬の怖さを知ったアトピー患者の多くの人が、ステロイドとの決別を決心する。
いわゆる「脱ステ」だ。

しかしこの「脱ステ」も突然強行するのではなく、実は管理して行われなければならないだろう。
少しずつ使用を抑えていくとか、他の治療方法で抑えながら等…。

今まで症状を抑えていた強力な薬の使用を突然中止する…するとどうなるだろうか?
当然、急激な逆戻りで手がつけられない状況、つまり「リバウンド」と言われる状況に陥ってしまう。

このリバウンド現象をTNFの観点から考えてみよう。
元々、体に必要とされていたものがステロイドにより不自然に抑えられていた。
その抑えがなくなると、体は必要な物を取り戻そうと一生懸命、TNFを産生しはしまいか?
増して、炎症を調節するステロイド(副腎皮質ホルモン)を外部から補い続けた為に、体内のホルモン生産能力は錆付いて衰えている状態…。
炎症を誘発する物質は体内に溢れ出し、それを抑えるホルモン分泌は弱々しい…。
結果、体はものすごい炎症状態に陥ってしまうだろう…。

激しいリバウンドの一端が、このTNFの摂理にある事も理解頂けるだろうか。
ステロイドの話を通じて、炎症に関わるTNFへの認識や理解が進めば、幸いである。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康