So-net無料ブログ作成
機能関係 ブログトップ
前の5件 | -

【アトピーと炎症】ステロイドと炎症物質TNFの関係…恐るべき効力とリバウンドの理由は!? [機能関係]

TNF…炎症に絡むこの免疫細胞、というかサイトカインがさして知名度のない現時点では、この名称を出してもあまりピンと来ないかもしれない。
アトピーの人により身近に感じてもらう為に、ステロイドとの関係を説明していきたいと思う。

あのステロイドはこのTNFを99~100%抑制する効力を持つという。
それ故、炎症に関する効力は抜群な訳だ。

しかし、この99~100%という恐ろしく極端な数字が、逆にステロイドの負の側面を物語っている。
以前説明したように、TNFはがん細胞を壊死させる頼もしい免疫細胞。
増えすぎると炎症を誘発してしまう、火薬かガソリンのような引火性の危険な存在だが、有効に機能する分には実に頼もしい。
体には、なくてはならない存在なのだ。
故にこれがほぼ抑えられてしまうという事が、いかに不自然な状態かはお解かりだろう…。

ステロイドの怖いところに、「依存性」がある。
最初使用すると、すごく効く。
それで使い続けると、次第に効力が落ちてくる。
効力を維持する為に、より多い量を、より強力なものを使い続ける事になり、依存していく結果となる…。
使い続ける羽目になるだけなら、まだマシだろう。
問題は、この薬には副作用があるという点だ。
それなのに、効果を求めようとより強力なものを使い続けると、治す為に使っていた筈のステロイドが、逆に肌を蝕み始める…。

ステロイドは肌の状態やこの薬の利用状況に応じて、使い方を管理していかなければならない薬なのだ。
それ故、この薬の怖さを知ったアトピー患者の多くの人が、ステロイドとの決別を決心する。
いわゆる「脱ステ」だ。

しかしこの「脱ステ」も突然強行するのではなく、実は管理して行われなければならないだろう。
少しずつ使用を抑えていくとか、他の治療方法で抑えながら等…。

今まで症状を抑えていた強力な薬の使用を突然中止する…するとどうなるだろうか?
当然、急激な逆戻りで手がつけられない状況、つまり「リバウンド」と言われる状況に陥ってしまう。

このリバウンド現象をTNFの観点から考えてみよう。
元々、体に必要とされていたものがステロイドにより不自然に抑えられていた。
その抑えがなくなると、体は必要な物を取り戻そうと一生懸命、TNFを産生しはしまいか?
増して、炎症を調節するステロイド(副腎皮質ホルモン)を外部から補い続けた為に、体内のホルモン生産能力は錆付いて衰えている状態…。
炎症を誘発する物質は体内に溢れ出し、それを抑えるホルモン分泌は弱々しい…。
結果、体はものすごい炎症状態に陥ってしまうだろう…。

激しいリバウンドの一端が、このTNFの摂理にある事も理解頂けるだろうか。
ステロイドの話を通じて、炎症に関わるTNFへの認識や理解が進めば、幸いである。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

アトピー,アレルギーの人は免疫力は上げてはいけない!? 暴走システムは調整しなければならない・・・ [機能関係]

さてその「免疫力を上げる野菜ランキング」。
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/special/20120222/118247/?rt=nocnt

上記資料の野菜は、なぜ避けた方が良いのだろうか。

難しい内容に入る前に、大前提となる基本的な部分からまず説明していきたい。

「アレルギーとは」の記事にて記述したが、アレルギー反応とは本来、人体を守る為の免疫反応がバランスを失い、過剰に対応して不具合が出ている状態。
 ⇒アレルギーとは!? 【アトピー,アレルギー講座】
  http://atopeople.blog.so-net.ne.jp/2015-07-05-alergydirectivity

では単純な話、免疫力を高めたら、このバランスを失って暴走しているシステムが正常になるのだろうか。

免疫力を高め、活性化したら機能が正常化した!
となるなら万々歳である。

しかし活性化したからといって、そう簡単に損なわれたバランスは元には戻らないのでは?
この観点・方向性がずれている為に、免疫力を高める食材を摂取しても思うように成果が出ないのは、皆さん他多くの方々の経験や体が物語っているのではないだろうか…。

活性化すると、寧ろ活性化された分、バランスの振れ幅が大きくなり状態が悪くなる、捉えるのが妥当では…?

これは単なる憶測だけでモノを言っているのではない。
推論を元に、自分でも色々な食材で試してみた。

しかし結果は…さっぱりどころか、時には惨憺たるものだった。

今まで1であった免疫が高められ1.2倍となったらその分狂っている幅も大きくなり、却って状態が悪化するのが関の山であった。

結果を提示されてみれば、単純で簡単に分かる話。
しかし現状でも、こんな基本的で重要な情報すら浸透してないと分かってからは、世の中は不思議なものだと思った。

是非皆さんも実際に試して、検証して見て欲しい。
暴走中のシステムを高めて、正常になるかを・・・。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

アレルギーとは!? 【アトピー,アレルギー講座】 [機能関係]

このブログを目にしている人は既にご存知だと思うが、この先の展開に必要な内容を整理する事も兼ね、基本的な「アレルギーとは」について述べておきたい。

詳しく引用しだすとキリがないので、記事の内容に必要な部分のみ、できるだけ簡易な形でピックアップしていく事を心がけたいと思う。

まず、アレルギーについては下記の簡単な引用から。
「アレルギーとは本来、体の外から入ってきた細菌やウイルスを防いだり、
体のなかにできたがん細胞を排除するのに不可欠な免疫反応が、花粉、ダニ、
ほこり、食べ物などに対して過剰に起こることをいいます。
過剰な免疫反応の原因となる花粉などを、アレルゲンと呼びます。」
Yahoo!ヘルスケアより
http://medical.yahoo.co.jp/katei/301779000/?disid=301779000

こんな事、百も承知-。
そうせせら笑う人は、上記の情報をしっかりと読み取り、治療の実践に活かしているだろうか。
適切な方向を向いているだろうか。
内容を振り返ってよく理解し直す事で、より適切な方向性を認識できるようになると思う。

そもそも免疫とは、「疫(えき)から免れる(まぬがれる)」、すなわち
「伝染病」などから逃れるということを意味する言葉。
本来は、自らを守る為に備わった機能なのだ。

そしてその内容はというと、「自分と違う異物」を攻撃・排除しようとする人体の防御システムである。

そしてこの防御機能は学習機能付き。
一度分析された「対異物情報」は記憶され、次回同様な侵入があった際には素早く対応できるように、その相手にのみ反応する「抗体」なる物が作られる構造になっている。

ところがこの防御システムが過剰に反応し、体に不具合をもたらす状態がアレルギー。

例えば細かい花粉がいつもより大量に鼻に入り、粘膜に付く。
体は鼻水で洗い流そうとする。
くしゃみで吹き飛ばそうとする。
この、人の自然な反応と思える行動を引き起こす為、体、免疫を司る白血球は化学物質ヒスタミンを出し、鼻をムズムズさせ、くしゃみ等を誘引する。

これが適度な対応の範囲なら、何も問題はない。
しかしこの防御反応が過剰になると…くしゃみは連発で鼻水はズルズル、と立派な花粉症症状になってしまう…。
しかも一度反応すべき対象として認識されていまうと記憶システム付きで、素早く特定の花粉に反応されてしまうのだから堪らない。

それはさておき、このよくあるありきたりな一連の流れの中で、あなたは対処方法として、どういう方向性を見出すだろうか…?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

油を摂ったら蕁麻疹…アトピーになる人の体質とは!? [機能関係]

オメガ3系に分類されるえごま油の摂取を開始して,ようやくザラザラの肌が,曲がりなりにも潤いのある,人の肌らしいものに戻った。
まだ綺麗とは言えず,色も黒ずんでいたが…。

とはいえ,処方される飲み薬だけ飲み続けても、こう順調に改善しない事は十分に経験済み。

改めて油の重要性を体験したのだ。

しかし状況は一つ大きく好転したものの、その経過は簡単ではなかった。

改めて油を摂取し始めた当初は…何と油を摂ると体に蚊に刺されたような水ぶくれが幾つも出来てしまった。
しかも,ちょっと痒い…。

今までアレルギーの調子があまり良くない時にハム等一部の合成肉を食べた時、このような症状が出た事が過去数回だけあった。

しかし、油を野菜にかけたりして食べただけなのに、体にこういう反応が出た事は初。

「これは!?」

いわゆる、蕁麻疹

そう,その時の私の体は脂質バランスの崩れから不調をきたしていた状態だった為か、油、つまり脂質をうまく処理する機能が衰えていたのだ。

そしてこれはアトピーになる人の、一つの重要な体質を表しているのではないだろうか。

その,うまく処理する機能とは―「代謝」

単に代謝能力が劣っている、というのではなく、一部の栄養素-たんぱく質とか脂質とか、健康な肌を造るのに必要なもの-の代謝能力が普通の人より劣っているのでは、と考えたのだ。

せっかく症状を改善する材料を見つけたのに、体が思うように受け付けない現実。

これを打開するにはどうしたら―。

このような状況だった為、私は体の反応を見ながら間隔を開けつつ、少しずつ油を摂らざるを得なかった。

そして新たな改善テーマである、
「代謝」
とそれに関わる栄養素や食材を改めてリサーチしていく事となった…。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

健康の基本 ヘルシーサイクルが回るように意識しよう! [機能関係]

ここでは基本中の基本のおさらいから始めたいと思います。

健康な体でいる為には、基本となるヘルシーなサイクルが
回るように意識しましょう。

簡単に言えば,

「入れて,消化して,出す」

すなわち,必要な栄養を摂り,吸収し,不要なものを排出するサイクルです。

ヒジョーに簡単に書いてありますが,この健康的なサイクルが常に回っている人,
なかなかいませんよね!?

更にこれは,各項目を掘り下げていくとかなり奥深い問題だと思います。


例えば必要な栄養を摂る,という点においても単に生命活動を維持していく
最低限のものを摂る,という最低レベルの話ではなく,
不具合を解消
するのに必要な栄養量が吸収できているか。
更に突っ込んでいくと,解消すべき栄養素が取れているかどうか。

この点一つにおいても,難しい問題に直面します。

あなたの体の不調を治すのに必要な食材,栄養素は何でしょう?

まずそれをリサーチしていかないといけない。
そして答えが見つからないかもしれないのです。
ですから世の中の大勢の人が体の不調に苦しんでいるわけですよね。
アトピー,アレルギーはその最たる例かもしれませんね。
何しろ,現代医療にて明確な治療の方法論が確立されていない訳ですから…。

リサーチなんてする必要ない、という人は隠れている答えやヒントが
ある事に気付かず,立ち直ったり改善するきっかけを放置しているのでは!?

しかしそれはそれでお医者様,お薬頼み路線で進み,その路線での問題点に
ついては単なる限界と割り切って既定路線で進めばよいと思います。
思うような改善が見られない場合は,堂々巡りか負のスパイラルに陥っていく
かもしれませんが…。

なにはともあれ,ここで掲げる基本サイクルではそこまで掘り下げたレベルでは
なく,食欲が出て必要な分量が摂取できて,不要な物を定期的に排出できる,
そういうサイクルが回せるようになる事が基本,と念頭に置いておきましょう。

今,それが出来ていなくとも,今後どんな対策をしていけば出来るようになるか,
各食材や栄養素の紹介と共に今後少しずつこのテーマに挑んでいきます。

具体的な例を少し出すと,排泄を促すにはやはり食物繊維。
それを保有する食材の中でも,これが容量豊富で栄養に富み,身近で入手
しやすく,他にこんな栄養素も含んでいてアレルギーの抑制にも効果がある
かも,とか。

そんな形で具体的なお役立ち情報を提供していきながら,全体的な必要
テーマをフォローしていければ,と思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - 機能関係 ブログトップ