So-net無料ブログ作成
食生活 ブログトップ
前の6件 | -

アトピーに一番影響するのは肉類ってホント? [食生活]

非常に重要な内容なので発信しておきます。
アトピーの要因として挙げられるポピュラーなものはやはり「たんぱく質」、つまり肉類ですよね。

なにせ肌を作る栄養素な訳ですから、これをしっかり消化・分解しうまく再合成させる事ができれば、「きれいな肌」が出来るはず…。
しかし、アトピーの人はうまくそれが機能しない。

現に私もトレーニングに精を出していた当時、筋肉を付けたい一心で少しおやつ程度に油で炒めた肉類を追加で取った結果…数ヶ月で今までなかった位に顔が真っ赤に変色してしまったのです。

顔だけでなく体も赤くなり、その冬場は胸のあたりから汁も出てくるしで大変でした。。。
当然、シャワーやお風呂で沁みる沁みる…。泣
「やっぱり肉はいけないなぁ」と心に沁みた体験でした…。

当然その体験から、肉類の摂取には改めて気をつけるようになったのです。

しかしその後、疑問を持つ結果が―。


毎日の食事で、続けて肉類を摂取しないよう留意して過ごした年がありました。
肉を食べた後、1日ないし数日は肉類の料理を避けて過ごしました。
結果は―。

その年に迎えた春は、なぜか顔が皮向けで白く荒れた状態に…。
反面、大して気にせず食事をしていたにも関わらず,何事もなかったシーズンもありました。
その年は赤ワインをよく飲んだので、やっぱり赤ワインのポリフェノールは効くなぁ~,ワインは自分にとって薬だ!なんてお気楽に考えていました。

しかしその一方で疑問を持ち続けていました。
なぜなんだろう―。

たんぱく質の摂取が一番の要因ではないのか?
その疑問は最近になって解けました。

その答えは―。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

アトピーに影響するのは肉より油? [食生活]

その年は,毎日の食事で続けて肉類を摂取しないよう,
心がけていたのに春先にすごい肌荒れ。

アトピーの人なら分かると思いますが,顔全体の皮がひび割れて白い粉吹き状態を超え、パラパラと皮が落ちていく状態を、,油でベトベトのワセリンで必死に繋いでいました。

反面、大して気にせず食事をしていたにも関わらず、何事もなかった年は一体―。
しかも、その年は私の人生史上、結構たらふくとお酒を飲んだ年でもあったのです。

アルコールを分解するには貴重な体内のミネラルを大量に消費する為、当然アレルギーにも良くはありません。

それなのに、結果は「吉」。

やっぱり要因は「ワイン?」
赤ワイン派だから、ポリフェノールで抗酸化?
「これでアトピー肌荒れ,降参かぁ~?」

…なんて下らない事を思ったり、
「フレンチパラドックス※なんて言うからなぁ~」
なんて事に思いを巡らせながら、その後私はある事を思い出すのです。
※動物性脂肪を多量に摂取すると心筋梗塞になりやすいが、フランスでは先の食生活にも拘らず心筋梗塞の割合が少ないという逆説的状況。赤ワインを飲む習慣が、その理由とされている。

思い返せば,大して気にせず食事をしていた年には、ある事を試していました。

それは―。

『油』で一つのトライアルをしていたのです。

一体なんの油か―。
その時は確か「荏胡麻(えごま)油」だったと思います。

これを初夏か夏の間、少量ずつ定期的に摂取して一瓶使い切っていました。

しかし、摂取した翌日に肌の調子が良いとか、暫くしていい感じがするとか、そういった実感は全くなかったのです。

…なのでその頃の感想といえば、
「オメガなんちゃらの高い油買ったのに、なんか無駄だったな~」
というもの…。

しかし、その年の結果は「良」だった。
一体なぜ「えごま油」なのか―。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

健康に油が大事ってホント!? 油は三大栄養素の一つ!! 【アレルギー,アトピーと油】 [食生活]

あのオリーブオイルが体にいい、とかは聞いた事あるけど、油なんてあまり摂らない方がいいんじゃ…

感覚的にそう捉えてしまう人がいるかもしれませんね。

しかし油は何を隠そう,三大栄養素の一つなのです!

三大栄養素、言えますか?

それは、
炭水化物・たんぱく質・脂質の3つです。

言われて見ると「そういえば…?」なんて思い出しますか?

それでは3つの栄養素をおさらいしてみましょう。

炭水化物(糖質)
ブドウ糖に分解されて,主にエネルギー源となります。
コメ、めん類、イモ、果物、菓子類、砂糖などに多く含まれます。
とり過ぎた分は脂肪として必要以上に体に蓄積されます。

たんぱく質
主に筋肉や臓器、血液をつくる材料になります。
肉、魚、大豆、大豆製品、卵などに含まれています。
たんぱく質の中でも8種類の「必須アミノ酸」は,体内では作る事が
できませんので食事で補う必要があります。

脂質
脂肪酸に分解され、主にエネルギー源として使われます。
油、バター、ラードなど、まさに“あぶら”に多く含まれています。
脂質を多くとりすぎるとカロリーオーバーになりやすく、色々な
生活習慣病に罹りやすくなります。


一応、三大栄養素に挙げられてはいるものの、やはり“油”は上記の説明ではあまりいい印象は持ちませんよね。

只、油も幾つかの種類があり、体にいい油とあまりよくない油がある事が最近の常識となってきているのです。

動物性の脂でなく植物性の油、とか魚の油がいい等聞いた事がありませんか?

オリーブオイルなどはまさに植物性の油、そして魚の油には体に良いと言われるEPA・DHAという油の成分が入っていますよね。

このように油は油でも、体にいい油とあまりよくない油とがあるのです…。


参考:健康の森
https://www.med.or.jp/forest/health/eat/02.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

えごま油などオメガ3系油を摂ろう!オメガ3系油がアトピーを改善する!? [食生活]

意外や油も必要な栄養素だという認識、持って頂けましたか?

詳しくはまた油の説明掲載ページに譲るとして、まずはアトピー改善の為の油の話から。

肉類を摂りつつも好調を保っていた頃、私はオリーブオイルを積極的に摂り始めていました。

その頃は定期健診で引っかかった血液を、サラサラにしようと取り組んでいたんですね。

オリーブオイルを摂るなら,鮮度抜群の
「エクストラバージン」
がいいのか。

そんな感じで体に良い油、血液をサラサラにする食材を何とはなしにネットや書店で調べていました。

そして「油」について突っ込んで書いている本には、「オメガ6」とか「オメガ3」とかの説明が必ず出てきました。

それ以前もこの名称については認識はありましたが、「なんだか難しい話」と,ついてもいけなかったし取り合ってもいなかったのです。

しかし油に興味を持ち始めてオリーブオイルを摂る傍ら、別の種類の油も摂ってみる事にしたのです。

体に良くて必要、且つ摂取量が不足がちと書かれていた所謂
「オメガ3系」
の油です。

その時摂ったのは「荏胡麻(えごま)油」でした。

しかし、既に報告したように摂取した翌日に肌の調子が良いとか、暫くしていい感じがするとか、そういった実感は全くなかったのです。

ですがその後振り返ってみて、その年の好調の要因は、どうも「オメガ3」油によるところらしいと推定し始め、改めて検証し始めたのです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

【重要】肉類控えても肌が荒れ,肉を摂取しても好調の訳は「油」? [食生活]

油に着目するまでは疑問がありました。

それまではタンパク質の分解が鍵だと思っていたのに,どうも結果がそぐわない時がある。
例えば、

・肉類摂取の頻度が必ずしも肌の好不調に繋がらなかった事
・ある特定の肉類メニューを摂ると調子が悪くなる事(特に揚げ物系)
・肉類は摂らなかったのに,翌朝肌の調子が悪い事がたまにあった事

などです。

しかし昨秋、自分の食生活では珍しくコンビニのチキンやお菓子類を少々摂っていたのです。

結果、秋が始まる時期に顔は赤く腫れて肌はガサガサ、という数年ぶりのひどい状況に。

その時、肉類を摂りつつも好調だった時の食生活を何度か頭の中で反芻し、それまでと違う点を見つけだそうとしました。
そして導き出された「仮説」が、「オメガ3系」オイルだったのです。

それまでは、単純に肉が原因だと思っている。
確かに肉類も原因の一つかもしれない。

しかし,肉を摂れば洩れなく油が付いてきます

肉類の摂取頻度に気を付けてもアトピーが悪化したのは…?
これは肉類だけが主要因ではないのではないか?

そういえばお酒をよく飲みつつもなぜか好調だったあの年、「オメガ3系」オイルを摂取していた。

「油」が原因だとすると、肉類の頻度に気を付けていても、摂っている油の種類やバランスに問題があればまた肌が荒れてしまう…

もしかして悪化の要因はこれ?
そして油に着目してみた結果―。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

オメガ3系油ならなんでも良い? [食生活]

よし,オメガ3系油だ!
と即動き出しそうな行動派の方の為に,周辺情報は後にして,一つの結果論から報告していきます。

あくまで私の場合ですが,オメガ3系油ならなんでも良い,という訳ではありませんでした。

オメガ3系の油として,自分は下記の物を認識しています。

・亜麻仁油(アマニ油)
・荏胡麻油(エゴマ油,しそ油と同じ)


この内,自分の周辺ではアマニ油が割りと手に入りやすく安い感じなので試したのですが,どうも合わない感じでした。

飲むと少々喘息っぽくなり息苦しくなるのです。
数回試しましたが,駄目でした。

なので荏胡麻油の方に切り替えた経緯があります。
しそ油は合うようで今のところまずまずの状況です。

因みに,一時期テレビでオメガ3系油が体に良く、認知症などにも効果があると取り扱い,ほどなくして,楽天やアマゾンから対象商品が蒸発し,スーパーの棚からも忽然と消えた事がありました。
オメガ3系油、摂って損はないようですね。

amazon商品 (amazon,楽天で最安商品)
スーパーでの価格と比較しても遜色ない感じです。ご検討下さい。

あぶらやマルタ えごま油(しそ油) 180g

新品価格
¥854から
(2015/6/19 14:46時点)



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の6件 | - 食生活 ブログトップ