So-net無料ブログ作成
検索選択

アトピーの炎症にあのウコンが効く!? -クルクミンの秘めた力-【ハーブがアトピー・アレルギーに効く?】 [食材]



さて、アトピー・アレルギーに効く食材としてハーブを試し始め、オレガノで予想外の効果を確認する事となった。
明確な効能を確認出来ず、一旦は頓挫していたハーブへの取組。
それが、たまたま試したオレガノの痒み止め効果に助けられ、改めて各ハーブの効能や成分をリサーチしながら試し続けた。

暫く試し続けはしたものの、当初はクローブとクミンシードを重点的に試しており、残念ながら明らかな効果を確認する迄には至っていなかった。

それ故、方向転換を考え始めて模索していた頃、ふと他と違う結果が現れるものに気付いていた。
それはクルクミン―あの、ウコンである。

ウコンを手の平に少し盛る程度飲んで翌朝を迎えると、何故か膝裏にかさぶたが出来るのであった。
肌が水気を失い皮が剥けて来るのはアトピーの特徴で好ましくないが、汁が出ていたり薄い皮しか出来ていなかった時に、乾いたかさぶたが出来るのは、丈夫な皮膚が造られ始めた事を意味する時がある。

今となってはどういうワードで自分を導いたその情報を引き出したのか、よく思い出せない。
しかしウコンが炎症に効果を持つという僅かな情報と、TNFを抑制する事を示唆するたった一つだけの資料を足掛かりに、ウコンを試し続けた…。

何度かかさぶたが出来、やがて出来るかさぶたの数が減ってきた。
一つ、また一つ…。

これは何を意味しているのだろう?
とりあえず前進しているのだろうか…?

半身半疑ながら、資料を検証するべくウコンを飲み続けた。
期間はさほど長くは無く、1ヶ月未満ではないかと思う。
時に休んだりもしながら…。

そしてかさぶたが出来なくなって暫くしたころ、私の体から、あの悩ましい赤みが消えた。
気づいたらある日ある朝、肌からあの赤みが退いていた。
そして今まで明らかに感じていた、体の熱さを感じない…。

「炎症」が、引いたのだ…。
その結果には、我ながら半身半疑だった。
だが…その後利用しながらリサーチを続けていくに連れ、私はウコン-クルクミンの効能に確信を持つようになっていった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました