So-net無料ブログ作成

ないもの見るより、あるもの見つけよう -アトピー治療の過程において- [雑感]



今までの記事にて、痒みや炎症を起こす物質を含んだ食品を紹介してきた。
状態に合わせて対象の食品を避けるようすると、それなりの不満やストレスを覚える人もいるかもしれない。

注意すべき食品が、それなりに挙がってくるからだ。
それも、身近な食品において…。

「では一体、何を食べていけばいいの?」
「何が食べれるの?」
そう反発心を覚える方もいるかもしれない。
或いは不安を抱えたり、暗澹たる気持ちになる人もいるかもしれない。

アトピーやアレルギーさえなければ―。
こういう思いが、時に頭をよぎる人も中にはいるだろう。

しかし、モノは考えよう、捉えよう。
観点一つで感じ方は、ガラッと変わってきたりもするもの…。


不満を述べる前に、スーパーに行って食べれる食材を点検してみよう。
ないものを見ていくより、あるものを探して行こう。
注意すべき食品を除くともう、食べる物はないのだろうか?

いや、我々の周りにはたくさん、本当にたくさん色んな選択肢が存在している事に気付かないだろうか…?

そして「これが欲しい」などと範囲を狭めなければ、本当にいつでも食べる物は手に入れる事ができてしまうのだ…。

何と恵まれている事だろう。
今の世の中でも、世界には栄養失調で亡くなっていく人が絶えないというのに…。

あなたは、栄養失調で死にそうですか?

ないものを見るよりも、あるものを見つけよう…。
そういう方向で、普段から物事を捉えていきたいもの。

ないものを見だすと、キリがない。
「ある」ものを足掛かりに、一歩ずつ前向きで確かな歩みを進めて行こう…。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました