So-net無料ブログ作成
検索選択

アトピーに影響するのは肉より油? [食生活]



その年は,毎日の食事で続けて肉類を摂取しないよう,
心がけていたのに春先にすごい肌荒れ。

アトピーの人なら分かると思いますが,顔全体の皮がひび割れて白い粉吹き状態を超え、パラパラと皮が落ちていく状態を、,油でベトベトのワセリンで必死に繋いでいました。

反面、大して気にせず食事をしていたにも関わらず、何事もなかった年は一体―。
しかも、その年は私の人生史上、結構たらふくとお酒を飲んだ年でもあったのです。

アルコールを分解するには貴重な体内のミネラルを大量に消費する為、当然アレルギーにも良くはありません。

それなのに、結果は「吉」。

やっぱり要因は「ワイン?」
赤ワイン派だから、ポリフェノールで抗酸化?
「これでアトピー肌荒れ,降参かぁ~?」

…なんて下らない事を思ったり、
「フレンチパラドックスなんて言うからなぁ~」
なんて事に思いを巡らせながら、その後私はある事を思い出すのです。

思い返せば,大して気にせず食事をしていた年には、ある事を試していました。

それは―。

『油』で一つのトライアルをしていたのです。

一体なんの油か―。
その時は確か「荏胡麻(えごま)油」だったと思います。

これを初夏か夏の間、少量ずつ定期的に摂取して一瓶使い切っていました。

しかし、摂取した翌日に肌の調子が良いとか、暫くしていい感じがするとか、そういった実感は全くなかったのです。

なのでその頃の感想といえば、
「オメガなんちゃらの高い油買ったのに、なんか無駄だったな~」
というもの…。

しかし、その年の結果は「良」だった。
一体なぜ「えごま油」なのか―。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました